お子様の歯の将来を決める今からのケア

ご両親が守るお子様のお口の健康

小児歯科は乳歯が生えはじめた乳幼児から、永久歯に生え替わる12歳くらいまでのお子様を対象とした歯科診療メニューです。お子様のお口は、大人に比べてとてもデリケート。小さいころのお口のケアが、大人になったときのお口の健康を左右することもあるだけに、まずは予防を心がけましょう。

虫歯のないうちから予防のために通院

お子様は自分ひとりで病院に通うことはできません。虫歯になってから治療のために歯科医院に連れて行くという意識だと、お子様に痛い思いをさせてしまいます。毎日の歯磨きも重要ですが、定期検診を受けて虫歯の兆候がないかを診てもらい、フッ素塗布、シーラント、歯磨き指導などの予防処置を受けることが大切です。

小児歯科メニュー

フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗布する処置です。フッ素には歯質を強くし、細菌の繁殖を抑制する効果があり、歯から溶け出したミネラルを再び歯に戻す再石灰化を促します。痛みはない処置なので、安心して定期的に治療を行えます。

シーラント

シーラントとは、奥歯の溝をレジン(歯科用プラスチック)でふさぐ虫歯予防処置です。奥歯の溝は深くて複雑なため、食べカスなどが詰まってむし歯になりやすいという特徴があります。シーラントは乳歯や生えたての永久歯をむし歯から守るのに有効です。

歯磨き指導

歯磨きは毎日のセルフケアの基本です。しかし、自己流のケアだけだとみがき残しが多くなり、虫歯になるリスクも高まります。お子様に適した歯ブラシの選び方、正しい歯磨きの方法など、予防のコツを知ることは大切です。田園調布本町の歯医者「朝倉デンタルクリニック」では、毎日のセルフケアに役立つアドバイスをさせていただいております。

仕上げ磨きが大切です

大人でもなかなか完璧にはできない歯磨き。お子様となると、できないのはなおさらです。ひとりで上手に歯磨きができるようになるまで、親御さんが仕上げみがきをしてあげましょう。

仕上げ磨きのコツ
  • お子様の頭を膝に乗せて仰向けに寝かし、固定する
  • ヘッドが小さいコンパクトな子ども用歯ブラシを使う
  • 力を入れすぎず、毛先を細かく動かす
  • 下の奥歯→上の奥歯→下の前歯→上の前歯の順で磨く
  • 左右に細かく10回ずつ磨き、少しずつ移動させる

歯並びが気になるお母さんへ

子どもの成長を見届けるなかで、徐々に気になり出す歯並び。固い物でもしっかりとよく咬んで飲み込めるようになるか? きれいな口元を維持して素敵な笑顔になるか? そんなお子様の成長過程での不安がありましたら、早期に小児矯正を受けることをおすすめします。

小さいときに適切な治療を行うことのメリットはたくさんあります。当院は矯正歯科の専門医が週1でいるので安心して診断をお任せください。無料の歯並び相談会も実施していますので、少しでも不安に思われた場合はご相談ください。

小児矯正のメリット
  • 治療の痛み、費用負担、期間などを最小限に抑えられる
  • 顎の成長を利用することで、将来的に歯を抜かずに歯並びを整えられる可能性が高くなる
  • 歯並び・咬み合わせが整うことで姿勢がよくなったり、発音がスムーズになったりする
  • 将来的な手術の必要性が低くなる